布帛とは?カットソーやニットとの違いは?

 

布帛(ふはく)は、天然素材(綿・絹・ウール・麻など)や化学繊維も含めて、織り機で織られた生地の総称です。

 

織物は大きくわけて3種類があり、平織り・綾織り・繻子織り(しゅすおり)で、織りの三原組織といいます。

 

カットソーは、カット・アンド・ソーンの略語で、編んだ素材のニットを裁断(カット)して、縫製(ソーン)した製品のことをさします。

 

カットソー素材は、基本的に丸編み機や、縦編み機で生産される生地の総称で、ニットだけの言葉ですが、布帛とニットを合わせたデザインの服もカットソーと呼ばれています。

 

布帛は、縦糸と横糸を複数本合わせて織り、生地を作ります。縦糸と横糸を直角に組合わせて織るので、伸縮性はほとんどありません。

 

素材としては、シャツやブラウスに使われる平織り生地のブロードや、パンツなどに使われるデニムやツイルなど、多くの種類があり全て布帛(ふはく)です。

 

ニットは、1本の糸でループを作りながら編んでいくので、隙間ができて編み地に伸縮性があります。

 

カットソーに通常使用される薄手のニット生地の大半は、細番手の糸を使って丸編み機や縦編み機で作られます。

 

カットソーは、短時間でたくさんの生地を生産することができるため、服の価格を抑えることができます。