ボディ、トルソー、マネキンの違いは?ディスプレー用なら腕付きも

 

簡単に説明すると、ボディとトルソーは胴体のみのタイプを指し、マネキンには頭と手足があります。両者の中間的存在のトルソーに、腕付きボディがあります。

 

ただし、服を着せる道具の呼び方は、服飾メーカーや販売会社独自の分類や呼称があるので、複雑かつ曖昧なのが現状です。

 

ボディとトルソーについては、「ボディ」は英語で、体や胴体のことを意味して、洋裁では人台のことです。

 

「トルソー」はイタリア語で、人間の頭や両腕、両足を除いた胴の部分を意味して、彫刻など芸術の分野では、胴体部分の彫像のことを指します。

 

なので、ボディとトルソーは、胴体部分の造形物という意味では同じということになります。

 

細かい違いを指摘するなら、「ボディ」は洋裁のニュアンスが濃く、「トルソー」はオブジェ的なニュアンスが強いイメージです。

 

少し派生しますが、洋裁用のボディとディスプレー用のボディは、使用目的が違います。洋裁用は、ピンが刺せるように土台は発泡スチロールや張り子で、表面は布張りです。

 

ディスプレー用は、見た目が優先されて、表面がツルツルしており繊維強化プラスチックやボリプロピレンなどが使われます。

 

さらに、スタイリングやフォーミングに対応する「腕付きボディ」などプラス要素のある製品もあります。

 

「マネキン」は英語ですが、その由来はフランス語の「マヌカン」からきています。ボディやトルソーとの大きな違いは、マネキンには頭と手足があることです。

 

アパレル用品や店舗用品を取り扱う格安ショップの中には、ボディ、トルソー、マネキンなどの中古品を、激安で販売してるお店もあります。